腎臓病 食事 宅配

    
     

腎臓病のリスクや食事療法のポイント、特にたんぱく質、塩分、カリウム、リンなど腎臓病で注意しなければならない栄養素の解説や人気の宅配食の1食あたりのカロリーやタンパク質、塩分、カリウム、リンの配合量などの情報を提供しています。また人気の宅配食をランキング形式で表示しています。

【腎臓病のリスク】
腎臓病は自覚症状がほとんどなく症状が進んでから気づくことがよくあります。
腎機能が低下し、体の水分や老廃物の調整が難しくなると、脳卒中や心筋梗塞などの原因となります。
また、腎機能の低下が進むと人工透析やひどい場合は腎臓の移植まで行われることもあります。
急性の場合は治療すれば完治することもありますが、慢性の腎臓病の場合は健常者と比較して人工透析や脳卒中、心筋梗塞などの疾患のリスクが飛躍的に増大します。
そういった意味でも腎臓病の基本である食事療法は非常に大切なのです。

【食事療法のポイント】
腎臓病と診断されたら食生活のの見直しが必要です。
腎臓へのの負担を減らすようにしましょう。
基本は、カロリーはそれなりに摂りながらも塩分とタンパク質、カリウム、リンなどは制限しなければなりません。
食事療法は自己判断せず、腎臓の状態をきちんと把握しながら、医師や管理栄養士とともに進めていきましょう。

【タンパク質と塩分コントロール】
タンパク質と塩分コントロールは腎臓病の食事療法のキモになります。
腎臓はタンパク質が代謝されて残った老廃物を処理する臓器です。
なのでタンパク質を多く摂り過ぎると腎臓に負担がかかるので腎臓病が進行してしまいます。
タンパク質を制限し、医師から指示されたタンパク質量の範囲内で摂取しましょう。
また、排せつ機能が落ちているところに塩分を摂り過ぎると、血圧が上昇し体がむくんで腎臓に過剰な負担をかけてしまいます。
1日あたりの塩分の摂取量は6g未満が基本となりますが、治療は個人差があるので必ず医師の指示にしたがってください。

【カロリーコントロール】
食事療法でタンパク質を減らすと摂取カロリーも減ることが多いものです。
カロリーが減った分をそのままにしておくと、エネルギーを作り出すために体のタンパク質が分解されます。
そうなるとタンパク質を摂取した時と同じように腎臓に負担がかかってしまいます。
そうならないようにカロリーの不足分を糖質・脂質で補わなければなりません。

腎臓病や腎不全用の宅配食を購入する場合も、宅配食のカロリー、タンパク質、塩分、カリウム、リンなどの量を確認してから購入しましょう。

食宅便

通常価格 4,340円 送料 無料
セット内容 たんぱくケア7食 カロリー 250kcal以上
栄養素 たんぱく質13g以下カリウム500mg以下リン270mg以下 評価 ★★★★★
公式サイトはこちら
ウェルネスダイニング

通常価格 5,184円 送料 756円
セット内容 たんぱく&塩分制限気配り宅配食7食 カロリー 300kcal以上
栄養素 塩分2g以下たんぱく質10g以下カリウム500mg以下 評価 ★★★★
公式サイトはこちら



病人用の食事ですから信用が第一。
「食宅便」の日清医療食品株式会社は資本金1億円、社員44,000人、取引先も全国各地の病院・医院・介護老人福祉施設、介護老人保健施設、保育施設等なので安心して購入できます。

セット価格も4,340円と安くて1食あたり620円とコストパフォーマンスも抜群です。
カロリー250kcal以上、塩分2g以下、たんぱく質13g以下、カリウム500mg以下、リン270mg以下と栄養素もしっかりしています。
なにより美味しんですよ!


公式サイトはこちら

 

PAGE TOP